• ソウル市民聴
  • 市民聴へようこそ

市民聴へようこそ

市民聴紹介

ソウル市庁の地下1、2階にある「市民聴」は、市民が自らの知恵と努力で創造し楽しむ市民の生活広場です。討論・展示・公演・講座・遊びなど、各種の市 民活動がそれぞれの特性を反映して繰り広げられるように、「開かれた」「柔軟性のある」空間です。 「市民聴」という名称に官庁の「庁(ちょう)」ではなく、耳をすまして聞くという意味の「聴(ちょう)」の漢字を使い、この場が市民の考えにソウル市が耳を傾 け、市民の間でも互いの考え意見を共有する活動が行われる傾聴の場であることを強調しています。

市民聴の運営案内

  • 夏季 (3月~10月): 9:00am-9:00pm
  • 冬季 (11月~翌年2月): 9:00am-8:00pm
  • * 1月1日、旧正月、秋夕当日は休館
ブランドアイデンティティー紹介

「耳」を素材にしたブランドアイデンティティーIは、市民聴が「傾聴」と「コミュニケーション」の場である ことを視覚的に表しています。また「希望」と「真実」を象徴するスカイブルーの色彩を使い、市民の希望 が真剣に語られる場であるという意味が込められています。

市民聴の催し

公演・売場

市民聴の公演プログラムは、誰もが参加することができます。ホームページで申し込むか、または市民聴を直接訪れて、市民聴芸術家や特別出演者の公 演を観覧することができます。

活力コンサートパスラクコンサート、土曜日は「聴』がいい、ハンマウム生活市

特別展示

市民聴の展示は、アニメーション、写真、ロボット、絵画、建築など様々なジャンルの企画展示と貸館展示があり、一か所でとても多彩な展示を観覧するこ とができます。

音声作品、映像作品

教育体験

子供だけでなく大人を対象とする教育・体験プログラムです。木工芸、手工芸などの体験や、週末の子供アニメーション上映など、ホームページで予約す ればどなたでも参加することができます。

誰でもアーティスト、子供劇場

討論・講座

より良い生活を創造していくために、改善が必要な社会的イシューに関して市民が自発的に発議したテーマについて討論し、意見を反映していくための 市民参加プログラムです。

サランパンワークショップ、政策を語る、土曜日は『聴』がいい

市民聴案内電話

案内デスク +82-2-739-7733

観光案内所 +82-2-739-7755

I Market Seoul U +82-2-2038-2114

公正貿易カフェ +82-2-720-8604

市庁舎トントンツア +82-2-2133-5637/63

ソウル書房 +82-2-739-7033

ツアーの予約 - ソウル市「徒歩観光」サイトにて事前予約 (dobo.visitseoul.net)

位置. ソウル特別市中区世宗大路110

Tel. +82-2-739-5814

ソウル市庁交通アクセス

白地下鉄

1号線市庁駅4番出口

2号線市庁駅4番出口

2号線乙支路入口駅1番出口 / 市庁駅方面連結地下道出口

バス

· マウルバス鐘路 09, 鐘路 11

· 循環バス90s ツアー, 91s ツアー

· 空港バス6001, 6002, 6005, 6015, 6701

· 幹線バス101, 150, 402, 405, 501, 506

· 支線パス172, 472, 504, 700, 1020, 1711, 7012, 7016, 7017, 7018, 7019, 7022, 7212, 8000

· 広域パスM4101, M4102, M4108, M5107, M5115, M7106, M7111, 9703, 9714(回送), 9714

· 一般バス111, 1002

· 直行バス1000, 1100, 1150, 1200, 1900, 2000, 9001, 9003, 9300, 9301

· 急行バス8100, 8600, 8880

* 十分な駐車スペースがありませんので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

* 駐車料金:平日(9:00~18:00) 10分あたり1,000ウォン 週末は無料

ソウル市庁駐車場のご案内

十分な駐車スペースがありませんので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。電子タグを付着した乗用車曜日制登録車両のみ利用することができます。 http://parking.seoul.go.kr/

※ 地方の車両は下一桁制適用:月(1,6), 火(2,7), 水(3,8), 木(4,9), 金(5,0)

· 駐車料金10分あたり1,000ウォン(平日9:00~18:00のみ賊課)

· 割引および免除ロ象

タイプ 割引
軽乗用車
低公害車両
多子女幸福カード所持車両で2子女以上搭乗車両
50%
障がい者
国家功劳者
枯葉剤後遺疑症患者の車両
80%
公務遂行ロゴを付着した官用車両
言論機関ロゴ付着など、外観上識別可能な報道車両
国会議員、市・区議会議員車両
外国使節など外資車両、団体見学車両、物品納品貨物車両
100%
(免除)
위로